タグ別アーカイブ: 利息制限法

利息制限法

金銭消費貸借契約においては、原則として金融業者と債務者の間で自由に利率を定めることが出来ます。
(=約定利息)
ただし、利息制限法によって上限が定められており、この上限金利を超える利息分については無効とされる。

■ 元本が10万円未満の場合           : 年20%まで
■ 元本が10万円以上~100万円未満の場合 : 年18%まで
■ 元本が100万円以上~の場合         : 年15%まで

現実には、消費者金融業者による貸付けは制限利率を超える利息が付されていることが多い。
これは何故だろうか。
次で説明させていただく。

過払い金返還

そもそも「過払い金」というワード自体、一般の方にはほとんど馴染みがないと思いますが、債務整理をしている弁護士・司法書士の間では近年盛んに過払い金の回収がおこなわれています。
最近では、武富士の記事でめっぽう話題になっていますが・・・。

過払い金を簡単に言いますと、債務者が貸金業者に返し過ぎたお金のことをいいます。
大抵の金融業者・消費者金融は利息制限法の利率を超えた利息を提示し、債務者にとって払わなくてもいいお金まで支払わせています。

この支払う義務のないお金を過払い金といい、金融業者に過払い金返還すなわち過払い金を請求することが出来ます。

利息制限法について

    利息制限法で定められている金利率の上限について
  • 借入金額 ~ 99999円  の場合 ⇒ 1年で20%
  • 100,000円 ~ 999,999円  の場合 ⇒ 1年で18%
  • 1,000,000円 ~      の場合 ⇒ 1年で15%
  • となっております。

    出資法の金利率の上限は29.2%ですので、その差分をとられているとしたら大きな金額を余分に支払っていることになります。
    債務整理を行うことにより、こうういった支払いすぎた返済金額の中から
    過剰に支払った分を請求することができます。