タグ別アーカイブ: フロックス

フロックス(クレディア)

クレディアの全業務の譲渡のために設立された、ネオラインキャピタル傘下の企業。

やはり、系列企業と同じ対処が見られる上に、民事再生手続き中と手続き後では対応が違うという話も聞こえる。
再生計画中では

再生債権の40%の弁済率で一括弁済。
30万円までの少額債権については一律一括全額弁済。
保証債務については、代位弁済適状となった債権についてのみ、その代位弁済請求がなされた後に、
その代位弁済請求債権額に対して、上記の条件(再生債権の40%の弁済率で一括弁済)で代位弁済を実施。
潜在過払利息請求権
期限内に債権届出ができなかった過払利息返還請求権の債権者には
「責めに帰することができない事由」が存在し得ることに鑑み、届出がなかったことによって失権することなく、
届出期限到来後であっても、当該利息返還請求権が再生債権として確定すれば、
債権届出を行った過払利息返還請求権債権と同じ条件
(40%の弁済率、ただし、30万円までの少額債権については一律全額)にて弁済を行う。

という約束を反故にしてきているようです。
他系列会社と同様に断固たる対応が必要になってきます。

なお、ここの代表取締役はJトラストフィナンシャルグループ子会社のプリーバの代表取締役と同一である。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

ネオラインキャピタル(旧かざかファイナンス/ 旧ライブドアクレジット/パスキー)

旧ライブドアクレジットであり、傘下に
SFコーポレーション
アペンタクル
クラヴィス
トライト
・パスキー
などがある。
M&Aで最近傘下を急速に増やしていることでも有名。

この会社が債権者として存在する場合に専門家が躊躇することがあるのだが、その理由を述べると

  • 借主に債務が残る場合は、分割は一切認めずに入金日までの利息を要求。
  • 逆に過払い金の返還については、お金がないので1割しか返せないという。
  • 過払い金返還請求訴訟を起こして勝訴判決が出ても、必ず無意味な控訴をして時間を無駄に稼ぐ。
  • 「裁判やったって判決とったって1円も上がりませんよ」と開き直って上から言ってくる。
  • 判決をもとに強制執行をしてみても財産は見事に隠されていて空振り。

そんな感じで、非常にやり辛いことこの上ないのが現状のようだ。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧