タグ別アーカイブ: ネオラインキャピタル

ネオラインキャピタル(旧かざかファイナンス/ 旧ライブドアクレジット/パスキー)

旧ライブドアクレジットであり、傘下に
SFコーポレーション
アペンタクル
クラヴィス
トライト
・パスキー
などがある。
M&Aで最近傘下を急速に増やしていることでも有名。

この会社が債権者として存在する場合に専門家が躊躇することがあるのだが、その理由を述べると

  • 借主に債務が残る場合は、分割は一切認めずに入金日までの利息を要求。
  • 逆に過払い金の返還については、お金がないので1割しか返せないという。
  • 過払い金返還請求訴訟を起こして勝訴判決が出ても、必ず無意味な控訴をして時間を無駄に稼ぐ。
  • 「裁判やったって判決とったって1円も上がりませんよ」と開き直って上から言ってくる。
  • 判決をもとに強制執行をしてみても財産は見事に隠されていて空振り。

そんな感じで、非常にやり辛いことこの上ないのが現状のようだ。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

トライト(現 ヴァラモス)

アイフルの子会社でありネオラインキャピタルグループ参加である。

ネオライン系の対応は以前にも述べたように揃いも揃って最悪なものですが、
トライトに至ってはそれに輪をかけてひどい対応という話を耳にします。
「判決で確定したのに値下げ交渉をしてきた」
「自分じゃ不安なので代理人を立てたのに、代理人じゃなくて直接連絡してきた」など・・・。

過払い金返還は真っ当な権利です。個人で難しい場合は専門家に相談を仰いでください。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

アペンタクル(ワイド)

元ワイド。
アイフルの子会社でしたが、現在はネオライングループ傘下。

ネオライングループの過払い請求に対する姿勢は、こちらもご参照いただければ分かりますが、満額には一切応じません。
負債が残れば一括弁済以外認めないという事例もあり、なかなか厳しい相手のようです。
弁護士と協力して、対応を進めていく必要があります。

三和ファイナンス(SFコーポレーション)

消費者金融準大手で、CMでその名を耳にしない日はなかったほど有名な会社。
しかし、取立ての悪質さは他に類を見ないほど。
2007年に悪質取立てのマニュアル作成・それに準じた取立てを行い全店舗の全業務停止命令を、
2008年には大宮西口支店で支店長自ら悪質取立てを行い同店舗のみ業務停止命令及び改善命令を受けた。

そして過払い請求を行ってもその支払いを拒否するなど、少々あきれた行動を現在も続けている。
現状では任意和解で過払い金をとれないため、裁判に持ち込んで返却してもらったほうがいいとの意見もある。

三和ファイナンスとの過払い請求は弁護士を通したほうがより確実である。