タグ別アーカイブ: グレーゾーン

グレーゾーン金利

消費者金融業者による貸付けは、利息制限法に基づく上限金利を超える利息が付されていることが多い理由には、次のことが挙げられる。

出資法5条2項所定の、年29.2%の利率を超えない限り、刑事罰には問われません。

つまり利息制限法を違反したとしても、処罰になることはないのでほぼ守られることはありません。
処罰されないのをいいことに消費者金融等は出資法ギリギリの29.2%まで利率を上げてくるのです。

このように、利息制限法を超えるが出資法には違反しない範囲の利息をグレーゾーン金利と呼んでいます。

■ 元本が10万円未満の場合
   └年20%~29.2%の間がグレーゾーン金利
■ 元本が10万円以上~100万円未満の場合
   └年18%~29.2%の間がグレーゾーン金利
■ 元本が100万円以上~の場合
   └年15%~29.2%の間がグレーゾーン金利

となります。

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは

利息制限法と出資法により、お金を借りる際について定められております。
利息制限法では金額により15~20%
出資法では29.2%と定められております。

このようにお金を借りた際の利息については法律でさだめられておりますが、
大抵の人はこの法律の存在を知らない為、消費者金融業者との契約に従い、支払わなくてもよい
利息を払ってしまっているケースがあります。

尚、出資法で定められた利息についての規定を違反した場合は罰則がありますが、
「利息制限法」については罰則がありません。
よって消費者金融業者は上限29.2%の上限を超えないような利息を上乗せしているケースがあります。

「グレーゾーン金利」