Y’s office 司法書士法人横野事務所

[Y's office 司法書士法人横野事務所]過払い金返還請求・借金無料相談所

過払い

過払い請求を考ええているなら、早めの対策が必要です。
過払い金返還請求は正当な権利です。
借金をなくし、笑顔を取り戻す為に、まずはご相談ください。
年中無休・24時間対応で無料相談を受け付けております。

【対応地域:東京・大阪】

認定司法書士 横野 正典

所在地

【新橋事務所】
〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 509

【渋谷事務所】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-14長崎堂ビル8階

【大阪事務所】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル29階1-2-1

[過払い請求の実績がある会社例]

アイフル/アエル/アコム/アプラス/イオンクレジット/イコールクレジット/インター/エイワ/エポスカード(マルイカード)/SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)/SFCG/NSファイナンス/L&Mワールド/オリエンタル/オリエント信販/オリコ/オリックスクレジット/クレディセゾン/三洋信販(ポケットバンク)/サンライズ/サンライフ/サンレディー/JCB/Jトラストファイナンシャルサービス/ジャックス/新生フィナンシャル(レイク)/セディナ(旧CFカード・OMC・クオーク・セントラルファイナンス)/CFJ(ディック)/シティーズ/シンキ/新生カード/しんわ/ステーションファイナンス/セゾンファンデックス/ゼロファースト/武富士/トライト/ニコス/ニッシン/日本信販/日本ファンド/日本プライム/VISA/富士クレジット/プライム/プライムファイナンス/プライメックスキャピタル(旧キャスコ)/プラム/プリーバ/フロックス(旧クレディア)/プロミス/ユアーズ/ライフ/ライブドアクレジット/楽天クレジット/レタスカード/ロプロ/ワイド/ワールドetc…

評価 無料相談 24時間メール受付 自己破産対応
星星星 -可能- -対応- -可能-

債務整理とは?

債務整理(借金整理)する方法には、任意整理や個人民市再生、特定調停、自己破産などの方法があります。債務整理は、借金残高、収入、不動産や自動車などの財産、債権者の種別(銀行、消費者金融、ヤミ金など)の現在状況によります。
法律上、本当に支払わなければならない元金額を確定し、これに基づき、債権者と個別に交渉し、支払可能な範囲内の金額で、分割支払の和解を取り付けていく「交渉による債務整理」の方法です。

過払い金の時効について

過払い金返還請求権の消滅時効の期間は10年となっており、
過払い金の返還請求は、最終取引日から10年未満の時期であれば行なうことができます。
よって、完済後10年以上の期間が経過してしまうと、過払い金返還請求権が消滅時効にかかってしまいます。
既に完済した後であっても、完済後10年以上の期間が経っていなければ、過払い金の返還を請求することができます。

任意整理とは

任意整理は、借金を今後無利息で返還していく事ができる債務整理手続きです。
メリットは様々ありますが、自己破産を回避し、裁判所を通さず、借金を整理することができる手続きである為、借金でお悩みの方には有効な整理の方法であると認知度が高まっております。

また、消費者金融等金利の高い業者より借り入れをしていて長期にわたって返済しているような場合には、支払ったお金の一部を取り戻せることもあります。
依頼した時点で取り立ての電話や各債権者への返済もストップされます。

専門家を代理人に立てることによって、借入先は代理人を通してしか連絡や督促をすることができなくなるため、債務整理を内密に行うのに最も適した手続きです。
現在サラ金やクレジットでお困りの方にとっては、まず検討すべき債務整理手続きではないでしょうか。

グレーゾーン金利とは

利息制限法と出資法により、お金を借りる際について定められております。
利息制限法では金額により15~20%
出資法では29.2%と定められております。

このようにお金を借りた際の利息については法律でさだめられておりますが、
大抵の人はこの法律の存在を知らない為、消費者金融業者との契約に従い、支払わなくてもよい
利息を払ってしまっているケースがあります。

尚、出資法で定められた利息についての規定を違反した場合は罰則がありますが、
「利息制限法」については罰則がありません。
よって消費者金融業者は上限29.2%の上限を超えないような利息を上乗せしているケースがあります。

利息制限法で定められている金利率の上限について

借入金額 ~ 99999円  の場合 ⇒ 1年で20%
100,000円 ~ 999,999円  の場合 ⇒ 1年で18%
1,000,000円 ~      の場合 ⇒ 1年で15%

となっております。
出資法の金利率の上限は29.2%ですので、その差分をとられているとしたら
大きな金額を余分に支払っていることになります。

債務整理を行うことにより、こうういった支払いすぎた返済金額の中から
過剰に支払った分を請求することができます。

category:地域別司法書士一覧

この記事に関連するタグ: | |