GEコンシューマーファイナンス

GEコンシューマー・ファイナンス株式会社として、米GEの日本に於ける金融事業を展開していましたが、貸金業法改正に伴う金利引き下げや過払い金返還請求訴訟が相次ぐために収益性が悪化している消費者金融事業からの撤退を決め、規模を拡大し収益力向上を目指す新生銀行に同社を売却しました。2008年9月22日に新生銀行の子会社となり、2009年4月に新生フィナンシャル株式会社と商号変更しています。

新生銀行はすでに子会社として信販会社の「アプラス」と消費者金融会社の「シンキ」があります。スケールを大きくすることで生き残る「スケールメリット」を期待したGEコンシューマー・ファイナンスの譲受けですが、逆に不安の声も聞かれるようです。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

category:消費者金融会社情報

この記事に関連するタグ: |