利息制限法について

    利息制限法で定められている金利率の上限について
  • 借入金額 ~ 99999円  の場合 ⇒ 1年で20%
  • 100,000円 ~ 999,999円  の場合 ⇒ 1年で18%
  • 1,000,000円 ~      の場合 ⇒ 1年で15%
  • となっております。

    出資法の金利率の上限は29.2%ですので、その差分をとられているとしたら大きな金額を余分に支払っていることになります。
    債務整理を行うことにより、こうういった支払いすぎた返済金額の中から
    過剰に支払った分を請求することができます。

    category:利息制限法について

    この記事に関連するタグ: