過払い金って何ですか?(過払い金請求するワケと理由)

お金を借りると利息を上乗せして返済するというのが常識ですが、利息の設定には「利息制限法で15~20%」と「出資法で29.2%」という法律で定められた上限があります。

出資法で定められた29.2%という定めに違反すると罰則がありますが、
利息制限法の違反については罰則がありません。

この「利息制限法の罰則が無い」という点を利用して消費者金融業者は余分な請求を行い、儲けを出しているケースが多いです。

上記の点を踏まえ、過払い金とは、

利息制限法で定められた上限金利を上回って利息を長期間支払っていた金銭消費貸借契約について、利息制限法で定められた上限金利に基づいた引き直し計算を 行って、超過利息部分を元金への返済に充当していった結果、既に借金はなくなっていて、払い過ぎとなっていた場合の払いすぎたお金のこと。

となります。
支払う根拠の無い、不当な支払いになりますので、正当な理由にて取り戻すことが可能です。

category:借金についてQ&A

この記事に関連するタグ: