利息制限法

金銭消費貸借契約においては、原則として金融業者と債務者の間で自由に利率を定めることが出来ます。
(=約定利息)
ただし、利息制限法によって上限が定められており、この上限金利を超える利息分については無効とされる。

■ 元本が10万円未満の場合           : 年20%まで
■ 元本が10万円以上~100万円未満の場合 : 年18%まで
■ 元本が100万円以上~の場合         : 年15%まで

現実には、消費者金融業者による貸付けは制限利率を超える利息が付されていることが多い。
これは何故だろうか。
次で説明させていただく。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |