自己破産

債務者自身の申立てによって、裁判所に対し、自分が債務超過になっていて返済不能の状態にあることを認めてもらい、原則として手持ちの資産を換価して債権者への配当に充当した上で、残った債務について支払義務を免除してもらう手続きのこと。

自己破産は、以下の条件を満たしている方が対象となります。

・過去7年以内に自己破産免責を受けていない。
→破産手続きは何度でも可能ですが、一度免責を受けてから7年を経過しないと免責不許可事由となる為。 
・あきらかに支払不能の状態であること。
→支払える可能性がある場合、個人再生や任意整理、特別調停によって整理が可能になる為。

また、自己破産によって資産の換価はなされますが、最低限必要な生活用品に関しては差押え禁止財産として
取り上げられることはありません。

また、資格制限があり、破産決定から免責決定を受けるまでの間、職業を失うケースも少なからずあります。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: