間接金融

間接金融は、会社が金融機関から資金を調達することをいいます。
金融機関が預金などにより資金を市場から調達し、これを会社が調達することから、
会社が金融機関を介して間接的に資金を調達するということになるので、間接金融と呼ばれています。

国内では、個人金融資産に占める銀行等への預貯金の割合が、
欧米諸国に比べて間接金融の比率が高いとされていますが、
規制緩和の進展によって、企業の資金調達をはじめとする金融システム全体が、
間接金融から直接金融へシフトしてきているといわれています。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |