過払い利息とは

過払い利息とは本来払わなくてもよいはずの利息のこと。

貸金の金利には、出資法の上限金利29.2%と利息制限法の上限金利(10万円未満は年20%、10~100万円は年18%、100万円以上は年15%)があり、消費者金融各社は、利息の計算で出資法の上限金利を使っていました。
ところが2006年1月、最高裁判決で利息制限法が採用され、それ以上の金利をとっている業者は、取り過ぎの利息を借り手に返さなくてはならなくなりました。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |