連帯債務者

連帯債務というのは、同一の債務について、
各自がそれぞれ独立して責任を負い債務を履行する方法です。

この場合、その中の一人が債務を返済すれば、
他の債務者の債務は削減されます。

共有持分などによって債務の負担が決まっているような場合には、
共有持分の部分での債務履行になりますので、
それ以上の債務を負担した場合は、
他の債務者に対して負担した部分の請求(求償権)をすることも可能です。

具体的には、借主と連帯債務者が所有権を1/2ずつ共有しているケースでは、
借主が返済できないときは連帯債務者が全額債務を支払うと、
借主に対して1/2の債権を請求することが可能となります。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: | | |