貸金業法とは

貸金業者に関する諸規制および債務者の保護を目的に成立された法律です。

貸金業を営む上での登録制度や金利、各種書面の扱いなどの細かい規定が記されており、
これに違反すると業務停止・登録取消などの行政処分や一定の刑罰の規定などがあります。

また、平成15年より段階的に改正を続けてきていますが、
その背景には過払金などの問題も少なからず存在します。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |