給与差押

給与差押とは、債務返済が滞った時に、債権者が取る強制執行として給与を差し押さえることをいいます。

給与から税金や社会保険料を差し引いた額が44万円以下ならば、
その4分の1を、44万円以上だと33万円を越えた額が差押の対象となります。

ただし、この基準は、債務者の生活状況によってある程度柔軟に変更することも可能です。
個人再生手続きによって、給与差押を回避する方法もあります。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: | |