短期金利

短期金利は、取引期間が1年未満(数日から数カ月程度)の貸し借りする際の金利をいいます。

日本の短期金融市場では、
コールレート、CD気配、CP気配、東京レポ・レート、国庫短期証券利回り、TIBOR
などがありますが、その中でも代表的な指標金利には「無担保コール翌日物レート」があります。
また、身近なところでは1年未満の定期預金金利や普通預金金利などもあります。

短期金利は、近い将来に予想外の物価変動(インフレ、デフレ)が生じる可能性が小さく、
その金利水準は、マーケットにおける資金量によってほぼ決まります。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: | | |