特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所を利用して借金の圧縮をする手続きです。
支払い不能の可能性がある債務者の経済的再生を図る手続きで、平成12年2月より施行された新しい債務整理手続きとなります。

任意整理との大きな違いは「間に介在するのが代理人か裁判所か」と言う点です。
そのため整理の後に残った債務に関しては通常3年以内で分割して支払っていくことになります。
そのため、将来的にそれなりの収入を見込めることが任務整理の条件になります。
また、利息の引きなおし計算を行った後で残りの借金がマイナス(過払い金発生)となった場合は
業者に対して過払い金の請求をすることが出来ます。

また、裁判所が介在すると言う点での一番の特徴は「調停調書」を作成される点です。
普通の裁判における確定判決と同様の効力が認められる為、万一債務者の支払いが止まった場合
債権者はこの調停調書に基づいて強制執行手続きをとることができます。

上記の点を踏まえた上で任意整理にするか、特定調停にするかを選択する必要があります。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: