文書提出命令

文書提出命令は、民事訴訟手続において、裁判所が、本案訴訟の一方当事者の申立てに基づき、相手方又は第三者に対し、所持する文書の提出を求める裁判です。

現在の民事訴訟法では、文書提出義務は一般義務とされ、当事者の引用文書、申立人が引渡し又は閲覧請求権を有する文書、申立人にとっての利益文書・法律関係文書のほか、一般義務文書が対象となります。公務秘密文書、自己利用文書、刑事・少年事件記録については提出義務がないが、それに当たるか否かの審理はインカメラ(秘密審理)で裁判所が当該文書を提示させて判断することができます。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |