改正貸金業法について(総量規制も実施開始)

2010年6月18日に施工された法律
改正貸金業法が完全施行されました。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

上限金利が20%に引き下げられる一方で、年収の3分の1までに借金を制限する「総量規制」が始まる。

【上限金利の引き下げ】
貸金業法上の「みなし弁済」制度(グレーゾーン金利)が廃止され、出資法の上限金利を20%に引下げました。(これを超える場合は刑事罰の対象となります。)
※利息制限法の上限金利(20%~15%)と出資法の上限金利(20%)の間の金利での貸付けについては、行政処分の対象となります。

【総量規制】
総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: | |