多重債務者とは

複数の金融業者などから借金をしてしまい、本人の収入だけでは返済が困難な状況にある人のこと。
高金利の業者から多く借入をしていると返済を繰り返しても、借金が減らない場合が多い。

【多重債務に陥るワケ】
普通に借りて返す、そこに金融業者は罠を仕掛けてくるのです。

例えば上限20万で契約を交わし、借金をしたとします。
返済が順調に行くと「融資の上限が上がりました」と連絡が来るのですが、コレが第一の罠です。
「信用がついた」と見せかけて更なる借金を誘導していくのです。

そうして増えた借金の返済は、増えていくごとに難しくなっていくケースが多いのです。
低額の借金であれば元本まで返せていた借金が「利息分しか払えない」状況に追い込まれ、
しまいには延滞にまで追い込まれていきます。

そうすると親切だった金融会社は一変して返済を促す連絡を入れてきます。
その借金を返す為に新しい借金をする羽目になってしまうのです。

返済に困って、新たな借金を抱える前にお近くの弁護士事務所・司法書士事務所へご相談ください。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: