債務負担

<債務負担行為>

債務負担行為は、予算の「内容の一部」として、議会の議決によって設定されますが、歳出予算には含まれません。

債務負担行為は、あくまで契約等で発生する債務の負担を設定する行為で、その時点でまだ歳出の予定が確定しているわけではないからです。現実に現金支出が必要となった場合は、あらためて歳出予算に計上しなければなりません。これを現年度化といいます。事業の大型化、複雑化などで、事業が複数年度にわたる場合、継続費ではなく債務負担行為を利用するケースが増えています。ただし、当然、後年度の歳入状況によってはリスクを先送りすることになりますので、財政運営上、乱用には注意が必要です。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |