債務控除

被相続人(死亡した人)の借入金や未払いの所得税、医療費などの消極財産は債務控除として、相続財産から控除することができます。
債務控除の対象となるのは、被相続人の死亡のときに確定している債務です。
したがって、債務者が問題なく返済できているような場合、保証債務は債務控除の対象となりません。
また、被相続人の生前に購入した墓地の未払い金については、墓地自体が相続税の非課税財産であるため、債務控除の対象となりません。

葬式費用は、被相続人の債務ではありませんが、相続に伴って必然的に支出する費用であるため、債務控除が認められているものがあります。
通夜、本葬の費用や葬式前後に生じた出費で常識の範囲内のものは、葬儀費用として控除することができます。

債務と葬儀費用には、控除できるものと控除できないものがあります。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |