保証料

通常、住宅ローンを組む際には、連帯保証人を立てる代わりに、
金融機関が指定する保証会社と保証委託契約を結びます。
保証料というのは、この際に保証会社に対して支払うものをいいます。

保証料は、回収業務や代位弁済のための費用や人件費などにあてられます。

<保証料の具体的な仕組み>
住宅ローンの借入者は、保証料を保証会社に支払うことによって、
代わりに金融機関からの融資に対する信用を得ることになります。

保証会社は住宅ローンの借入をした名義人が延滞をした際には、
代わりに金融機関に返済をしてくれますが、通常6か月延滞するとローン債権は保証会社に移ります。

注意点としては、保証会社が金融機関に返済してくれますが、
返済しなくてもよいという事にはなりません。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: | | |