不渡り

不渡りとは、支払のために支払期日に呈示された手形・小切手が、
その支払場所(支払銀行)で支払を拒絶されることです。
また、不渡りとなった手形・小切手を不渡手形といいます。

不渡りとなる理由は資金不足がほとんどではありますが、
契約不履行・取引解約などのケースもあります。
手形交換では、不渡手形の持帰銀行は持出銀行にこれを返却し、
代り金の返還を受けます。不渡りは円滑な経済活動を阻害することから、
6カ月以内に2回以上不渡手形を出した支払義務者は、
銀行取引停止処分の制裁を受けることとなっています。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: | | |