不法行為

不法行為法とは、ある者の行為によって他者の権利・利益が侵害された場合に、行為者に、被害者に対する損害賠償等の責任を負わせる法制度をいい、その対象となる行為を不法行為といいます。

債務不履行責任との関係で、ある行為が不法行為責任と債務不履行責任の両方の成立要件を満たす場合には請求権が競合することになります。この場合、被害者は加害者に対して、不法行為責任を追及することも、債務不履行責任を追及することもできるとされています。

不法行為の一般的効果は次の通りです。

・損害賠償義務の発生
・不法行為が継続的なものである場合にはその差し止め

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |