ヤミ金融とは

貸金業者として正規の登録を受けていない業者や、
登録されている場合でも出資法に違反した高金利で貸付を行う業者をさします。
店舗を持たずに固定電話の番号を表示しないで営業する業者なども含まれます。

ヤミ金融がなぜ怖いかと言われる理由はその利息です。
年利にして数100%~数1000%の利息を付けて貸付を行うことがあります。
※消費者金融でさえ100%を超えないことが多い為、この金利は法外ともいえます。

また、その手法も多数にわたります。
・押し貸し⇒融資を申し込んでもいないのに勝手に口座に送金し、後日法外な利息を請求する手口
・空貸し⇒実際に貸していないのに「貸した」と主張したり「債権を譲渡された」と主張して返済請求する手口
・紹介屋⇒通常の貸金融資可能な業者を紹介するように見せかけて、多額な手数料をとる手口

そして、もっと怖いのは「ブラックリストに載っていたり、融資不可能な人間でも借りることが出来る」と言う点です。
また、過去に自己破産をしたり、多重債務の人の個人情報を入手して、ダイレクトメールや携帯電話などで勧誘したり、
スポーツ新聞や雑誌等におとり広告を掲載して集客する場合もあります。

いずれも非常に低利な融資条件を誘い文句とし、実際に貸す際になると超高金利を課す場合がほとんどです。
最近では大手銀行や大手上場企業に酷似した商号を使って勧誘などの活動を行っていることも多く、注意が必要です。

category:過払い金・債務整理関連用語

この記事に関連するタグ: |