カテゴリー別アーカイブ: 未分類

MIRAIO

———MIRAIOに関する記事の掲載は終了致しました。———


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

イズミヤカード

近畿地方を中心に関東・中国・九州に展開中のの大手スーパー、イズミヤのグループ会社。
クレジットカード事業のほかにも保険代理店事業や旅行代理店事業などを展開している。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

直接金融

借り手が貸し手から、直接お金を融通してもらう方法を直接金融といいます。

借り手が有価証券を発行して、貸し手(個人や企業)から直接的に資金を調達します。
直接金融は、借り手と貸し手の間に金融仲介機関が介在しない取引のことですので、
借り手が債務を返さないというリスクは、貸し手(個人や企業)が負っていることになります。

直接金融を行う金融機関には、証券会社があります。
証券会社は、直接金融の代表的な金融機関で、証券会社は企業と個人投資家との間に入りますが、
仲介だけしか行いません。借り手が債務を返さない場合の責任は負っていないのです。


地域別司法書士一覧


地域別弁護士事務所一覧

UCSカード

株式会社UCSは、ユニー株式会社の子会社であり、ユニーグループの金融事業会社に位置付けられ、クレジットカード事業を行う登録割賦購入あっせん業者、貸金業、保険代理店業者です。

国際ブランドとしてMasterCard、JCB及びVISAブランドのクレジットカードを発行しています。また、VISAブランドの場合はVISA TOUCHとQUICPayの両方に対応している模様。クレジットカード有効会員数は約333万人です。

ユニーグループ企業をはじめとする国内外のクレジットカード取扱加盟店で、UCSカードを通じてショッピング機能を提供しております。 UCSカードは、アピタやピアゴでの割引サービスやショッピングのご利用に応じたポイントプログラム等、様々なサービスを提供しています。

地域別司法書士一覧        地域別弁護士事務所一覧

不当利得返還請求とは

実は、過払い金の請求に関して法制度は存在しません。
ではどの法制度を利用して請求していくのでしょうか?

その答えは、不当利得返還請求です。
不当利得返還請求は民法の703条および704条に制定されている義務と権利になります。

民法第七百三条
(不当利得の返還義務)
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者
(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

民法第七百四条
(悪意の受益者の返還義務等)
悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない。
この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。

つまり過払い金は不当利得であり、それを利益としていた貸金業者は悪意の受益者となるわけです。

この悪意の受益者か否かという部分に関しての判断は、司法の世界でも解釈が分かれております。
例えば俗に言う「平成18年判決(平成18年1月13日最高裁判決)」では
貸金業者に対し「悪意の受益者であると推定される」として高裁に差し戻しを行いました。
ですが、「平成21年最高裁判決」ではそれを覆すような判決が下されました。
つまり最高裁は貸金業者を「悪意の受益者であるとは言い切れない」として高裁に差し戻しを行っています。